依存症治療拠点機関の説明

依存症は、適切な治療と支援により回復が十分可能な疾患とされている一方で、依存症者の否認などから医療機関につながる難しさに加え、依存症を専門的に診る医療機関や医師が不足しており、依存症患者が必要な支援を受けられていない状況があります。

北海道でも、国内での依存症対策に合わせて依存症に対する支援の拡充を図っており、専門的に行っている医療機関を専門医療機関として指定し、医療での支援、相談支援、啓発を含めた道内の支援体制の整備を進めております。

その中で、当院は道内の各機関との連携を中心となって行う依存症治療拠点機関に指定されました。そのため、依存症に対する専門的な治療の提供に加え、様々な関係機関と協力し、北海道におけるより良い依存症支援の構築を進めていきます。

こちらから依存症に関する知識と当院で行っている専門治療をご紹介します。

依存症TOPへ