外来

< 部署紹介へ戻る

いしばし病院の外来では、こころのバランスが崩れ日常生活が困難になった方々が安心して精神科医療が受けられるよう、思いやりのある看護の提供に努めています。

通院している方の年齢層は10代から90代までと幅が広く、「統合失調症」や「躁鬱病」等の精神神経系疾患の他に「アルコール・依存症専門外来」「摂食障害専門外来」がある為、道内外の遠い地域からの受診者も多くいらっしゃいます。

診察は予約制ですので、予め相談室に電話相談をして頂くとスムーズです。受診をして頂き主治医が決まりますと、その後は主治医の担当する外来日に予約を取って受診していただく事になります。

外来受診時には紙製の診察券を受付に出して待合室でお待ち頂きます。受診の順番になりましたらスタッフが近くまで伺って診察室までご案内致します。診察室にはスタッフも同席致しますが、同席を望まれない時はお申し出ください。

医師による診察以外にも、各種検査、医療費や社会資源の利用についての相談、作業療法・デイケアなどのリハビリテーションや栄養相談など多職種と連携をはかり患者様の地域生活を支援していますのでお気軽にお尋ね下さい。