外来作業療法

< 当院での治療、療法へ戻る

外来作業療法

外来作業療法の対象者には、外来から新規に作業療法に紹介される方と、入院時に作業療法を開始し退院後も継続して利用される方がいます。

主な目的としましては、

  1. 心身の自己管理(疾病自己管理)
  2. 生活リズム(1週間のリズム)の獲得
  3. 生活の自己管理
  4. 社会生活技能の獲得
  5. 仲間作り
  6. 社会参加の促進
  7. 余暇活動の開発
  8. 社会資源利用の学習
  9. 復学・復職・就労準備支援

などがあげられます。

参加の際には、主治医の許可のもと、作業療法士と面談して、参加プログラムを決めています。また、プログラムの在籍者数が決まっているため、希望プログラムへの参加をお待ちいただく場合があります。詳細については作業療法課までお問い合わせください。
プログラムに関してはこちらをご覧ください。