放射線室

< 部署紹介へ戻る

一般撮影装置、歯科用撮影装置、CT装置を使用して診断に必要な診療画像を撮影します。平成28年9月にマルチスライスCT装置が導入され身体の横断面のみならず冠状面や矢状面の撮影も可能になり、より診断価値の高い診療画像を提供出来るようになりました。

また、医療用画像管理システムにより画像のデジタル保存・提供が出来ます。