入院のご案内

入院のしおり

当院には7つの病棟があります。病状によって診察に当たった医師が入院病棟を判断いたしております。1階受付で健康保険証、医療受給者証等をご提示ください。
なお入院後、毎月初めに健康保険証等を確認させていただいております。1階受付にご提示ください。
また、緊急時連絡先が変更の場合は、速やかに精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)又は、詰所にご連絡ください。

● お持ちいただくもの
以下のものをご用意ください。

洗面用具 バスタオル トレーナー スウェット パジャマ 下着類  普段着 スリッパ(サンダル) はし スプーン コップ(プラスチック)
入院された場合は、日中私服での療養生活となりますので、トレーナー・スウェットなどの動きやすい衣類をご用意ください。その他、必要なものについては入院病棟でご確認ください。また、当院1階に売店がありますのでご利用ください。
持ち物の紛失、盗難などに関しては責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。

他科への診療
当院で診療できない病気になられた場合は、ご連絡をしますので、家族同伴で他病院への受診をお願いします。なお、緊急を要する場合は、当院で対処しますが、これに伴う費用はご負担願います。


療養生活に関することがら

当院では入院基本料の施設基準の届出を行っておりますので、付き添っていただく必要はありません。
なお、複数の病棟があり、病状に応じて病棟、病室が変更になる場合がありますのでご了承ください。

●面会について

面会時間は原則として下記のようになっております。
午前10:00から午後7:00まで
時間外の面会をご希望の方は事前に看護スタッフにご相談ください。

●電話・郵便について
院内、病棟内に公衆電話を設置しておりますのでご利用ください。なお患者さんへの電話のお取次ぎは午前7:00から午後9:30までにお願いします。(緊急の場合はこの限りではありません)
患者さん宛の郵便物は事務室に一括して届きます。看護スタッフからお受け取りください。また患者さんからの発信物(封書・はがき)を事務室にお持ちいただければ職員が投函する用意があります。ご利用ください。

●携帯電話について
携帯電話を持ち込まれる方は、看護スタッフへお申し出ください。
 また、下記の点にご注意ください。
○使用時間:午前7:00から午後10:00
○使用場所:電話コーナーの近く(公衆電話のあるところ)
○使用上の注意:
・カメラ、ムービーは使用しないでください。
・通常はマナーモードにてお持ちください。
・盗難、紛失、貸借などのトラブルはご本人の責任とさせていただきます。
・病状によっては職員がお預かりすることがあります。

●電器製品について
院内への電器製品の持ち込みは、療養上必要と判断されたものに限らせていただきます。詳しくは、看護スタッフまたは主治医とご相談ください。
●外出・外泊について
病状によって一時的に制限させていただく場合があります。主治医とご相談ください。

●食事について
当院では病状に応じた食事を提供しております。また、管理栄養士による栄養指導、食事相談も行っておりますのでご利用ください。
食事時間は以下のとおりとなっております。
朝食  8:00頃
昼食 12:00頃
夕食 18:00頃

●入浴について
病棟ごとに入浴日が決められております。詳しくは、看護スタッフからご説明いたします。

●洗濯について
病棟内にコインランドリーを設置しておりますのでご利用ください。
病院ランドリーで行う用意もありますのでご利用ください(有料)。

●喫煙について
喫煙室が設置されている病棟では喫煙室をご利用ください。
その他の場所での喫煙は禁止になっておりますのでご協力ください。

●貴重品・金銭の管理について
貴重品・金銭は紛失・盗難などの危険性があります。当院では責任を負いかねますので必要最小限をご持参ください。また、ご自分での管理が不安な方、希望される方につきましては総合受付にてお預かりする用意があります (有料)。

●非常時・災害時について
職員の指示にしたがってください。

退院に関すること


退院に関してご心配な点がありましたら職員に遠慮なくご相談ください。


入院費用に関すること

●入院療養費は健康保険法に規定する診療報酬点数表により算定しています。
●当院歯科をご利用の場合は、入院療養費とは別に請求しておりますのでご承知おきください。
●食事療養費に一部負担金が生じます。
●毎月末日までの入院療養費を翌月11日以降に請求させていただきます。
 お手元に請求書が届きましたら、その月の末日までにお支払いください。
 銀行振り込みの場合は下記の口座をご利用ください。
    銀行名   北洋銀行小樽中央支店
    口座名   医療法人北仁会(いりょうほうじんほくじんかい)
    口座番号  普通預金 107794
 ●入院の医療費が高額となる方に、各種健康保険の窓口で「限度額認定証」が交付してもらえます。この「限度額認定証」を当院外来受付に提示していただきますと、高額医療に該当する場合は、自己負担限度額でのご請求となります。詳しくお知りになりたい方は、精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)または事務室にご相談ください。


各種サービスの実費負担について


当院では、患者さんやご家族で行っていただくべきことのうち、なんらかの事情によって実施が困難な場合のために、以下のサービスを用意しておりますが、これに伴う費用は負担していただいております。 
1.病院車の利用
 他病院の受診、往診および家族連絡、関係機関での手続きなどで病院車を利用した場合。
2.ご家族への連絡
 患者さんの依頼などにより使用する電話、電報および手紙、はがき代などの実費。
3.介助入浴者のボディソープ代
 介助入浴を必要とされる方には、ボディソープを当院で用意させていただいております。
4.洗濯サービス
 病院ランドリーでの洗濯サービス費用
5.おむつ代
 患者さんの病状により、おむつを使用した場合の費用。
6.預り金管理費
 総合受付に担当事務員を配置し預り金をコンピューター管理しております。その事務管理費。
7.治療教材について
 アルコールリハビリテーションプログラムに参加の方は、治療教材を購入して頂きます。
8.その他の実費負担
 建物・器物・備品などの破損に対する実費弁済。
その他
●当院には駐車場はありませんので、お車での来院はご遠慮ください。
●夜間及び休日の医療費の支払い、預り金入金は管理棟夜間事務室にお申し出ください。


入院中の処遇について


患者さんの入院や処遇について納得がいかない場合には、患者さん、または保護者の方は退院や病院の処遇の改善を指示するように北海道知事に請求することができます。
詳しくは、職員にお尋ねになるか、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合せ先:北海道精神保健福祉センター
TEL.011-864-7100


「意見箱」について
当院を利用されているみなさまと職員とのコミュニケーションをより円滑にするために「意見箱」を外来・作業療法課ロビー・各病棟にご用意しております。病院に対しての、ご意見やご要望、お気づきのことがありましたら遠慮なく、この「意見箱」をご利用ください。
なお、個人に対する誹謗・中傷は、ご遠慮ください。

診療情報の提供について
当院では、患者さんの診療に関する情報提供を積極的に行っております。あなた自身の診療において、わからないことや相談したいことがありましたら、遠慮なくお申し出ください。

売店について
当院1階に売店がありますのでご利用ください。品物のご希望がありましたら売店にお申し出ください。
営業時間およびお休みは売店にご確認ください。

ご不明な点は、何なりと職員にお尋ねください。なお職員への心遣いはお断りしておりますので、ご了解ください。